疥癬の症状 疥癬(かいせん)の症例写真

catch_119.jpg



2013年05月01日

疥癬の症状

(出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

■疥癬の症状


・疥癬は、ヒゼンダニの寄生により、1ヶ月の潜伏無期間を経て、
 脇の周辺やお腹、陰部などに痒みやブツブツが目立ち始め現れます



・疥癬は、夜になると、激しいかゆが強く現れます


・疥癬は、手首や指の間に、細くて灰色の約数mmの線状の
 発疹疥癬トンネルと呼ばれる発疹ががみられます


・疥癬によって、抵抗力が落ちている方は、
 全身が赤らんだり、厚いかさぶたができる重症型疥癬になって、
 感染力が大きく増すため要注意です


・疥癬は、ヒゼンダニが皮膚の角質層に寄生して起こる感染症です

 性行為による疥癬の感染が大半ですが、
 最近では、高齢者の介護などで感染するケースが増えています
タグ:疥癬 症状
posted by スマイル at 17:11| 疥癬の症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。